こよみの読み方 ver2RC

↑→ ↑

2年ほど前(1997年2-5月)にfforteの2番会議室で「暦の読み方」という記事を 連載で書いていました。現在その時のログは少し手を加えて http://www.nifty.ne.jp/forum/ffortune/calen/yomi/ に掲載しています。

この時は途中で会議室が消滅してしまったこともあり、話が途中で終わって しまいました。その続きを書きたいと思っていたのですが、いったん途切れ ると、なかなか再開のエネルギーがなく、そのまま1年半ほど過ぎていまし た。それをまた新たに書き起こそうと思います。話はまた最初から始めます。
この場を借りて連載した内容に手を加えてまたホームページに掲載したいと 思いますので、これはRC (Release Candidate)ということになります。

そもそも私が占いの世界に関わるきっかけは暦でした。元々「数」というも のが私のベースにあり、小さい頃から数について色々な思索をしていました が、その内、神秘的な数のリズムを刻む暦というものに興味を持ちました。
中学・高校の頃、図書館に入り浸って月齢・六曜・干支などなどの計算の 法則を調べ、ユリウス暦・グレゴリウス暦の誕生秘話などを読み知りました。
そしてその内、九星や宿曜の配置や占星術の星座の区切り問題などから占い の世界に関わり出すことになります。

「こよみ」の語源については幾つかの説があります。

 ・「こ」は詳細という意味。新井白石の説。
・日読み(かよみ)の変化。谷川土清の説。
・経読み(けよみ)の変化。本居宣長の説。

新井白石のいう「詳細」とは要するに時の流れを細かく分割したのが暦だと いうことです。本居宣長のものは時の経過のことを言っています。語源問題 が話題になると必ず出てくる10世紀の「倭名類聚鈔」(源順著)には単に 「暦の字の音は古与美である」と書いてあるだけのようです。結局「こよみ」 の語源ははっきりしませんが、谷川説の支持者は多いようです。

次回は暦の歴史あたりにいきます。


↑→
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから