占星術/占星学/星占い/Astrology
生まれた時に太陽・月・金星・火星などが天空上のどこにあったかを記した「ホロスコープ」を作成し、それをもとにその人の性格や運命などを読む。同様に会社や団体の運命も見れる。様々な技法が発達しておりその体系はひじょうに大きなものである。

メソポタミア文明の源流を元にヘレニズムの中で成立し形が整えられた。一時期はアラブ世界に待避していたものの、その後ヨーロッパにも戻ってきて、近代天文学の発達と歩調を合わせて発達してきている。現代の占星術の基礎を作ったのはウィリアム・リリー(1602−1681)アラン・レオ(1860-1917)らである。インド占星術や中国の七星四餘とは姉妹関係になる。近年「古典占星術」が見直されている。

以前はホロスコープの作成過程での計算で多くの人が挫折していたが現在ではStargazerなど天体位置を計算してくれるソフトのおかげで誰でも簡単にホロスコープが作れるようになり、かなり敷居は低くなった。

通俗的な「星占い」のレベルはかなり普及しており、占いにあまり興味のない人でも自分の星座が何かを知っている人は多い。しかし通俗的「星占い」というのは「占星術」という巨大なケーキのクリームの端をひとなめした程度のもので学び始めると新鮮な驚きがあるであろう。


初心者向けリソース
各種リソース
資料関係
学習者向けリソース
高等技法の紹介
Communication
オープン会議室は調整中です。


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから